お葬式の不参加の申し出は早めに

PR|大阪での葬儀は

私が住んでいる地域は農村地帯であります。現在私は地域の自治会の会長を勤めさせていただいているのですが、任期は二カ年でありまして、昨年度の私が住む地域の隣保班でのお葬式が6件ほどあったのですが、何と今年度は現在で10件という数になっています。

ほとんどの方が高齢者の方だったのですが、10件のお葬式というのはこの地域にしては新記録のかずだとか。それも10人中9人の方が女性でした。

毎回葬式は近くのJA斎場で行われるのですが、このJAの斎場はとても広くて

快適なつくりの空間になっています。住民の人にはとても喜ばれている斎場の一つです。

また斎場の従業員の方々の感じがとても良く、よく教育が行き届いているなあって思う

程なんです。これまでにたくさんの斎場にいったことがありますが、やはり一番いいのはJAさんの

斎場だと思っています。私の父が亡くなった時もこのJA斎場でお葬式をあげました。

父もさぞかし喜んで来世へ行ったのではないかと思っています。

人生において、お葬式に招待されることは何度かあります。できれば常に参加するのが望ましいですが、どうしても家庭の用事や仕事で参加できない事もあります。

しっかりとした理由があれば、参加しなくても招待した方も仕方がないと思います。しかし、不参加を決定した時に大事になるのが、早めに参加しない事を喪主に伝える事です。

不参加をまだ言っていない状態ですと、招待した方もあなたが参加すると思っていますからそのための準備をしていく事になります。

もし、不参加という事を伝えるのが遅くなると、既にあなたのための準備が完了している事もありますから余計な出費になります。しかし、早めに伝える事によって、まだ準備が完了していない状態であなたの不参加を知る事ができますから、葬儀を準備する側も助かります。このように、不参加になる場合は、相手の事を考えてなるべく参加できない事が分かった時点ですぐに参加できない事を喪主に伝える事が大事になります。

PR|家計見直しクラブ|オーディオ|GetMoney|マッサージのリアル口コミ.com|サプリメント|ショッピングカート|SEOアクセスアップ相互リンク集|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|女性向けエステ.com|お家の見直ししま専科|お小遣いNET|英語上達の秘訣|