温かい家族葬をおすすめします。

私の夫のお父さんが亡くなった時は家族葬でした。
家庭の事情であまり親戚づきあいがなかったのが一番の理由でした。
家族葬というと、理由ありで大っぴらにできないからではないかとか、貧乏でお金がないからではないかとか、ネガティブな憶測が飛び交うこともしばしばですが、私は自分自身が経験して認識が変わりました。
控え室ではごく身内だけが集まり、お父さんのご遺体のそばで夜通し和やかな時を過ごしました。
お通夜と葬儀は、お父さんを心を込めて送りたい人だけで、温かく見送りました。
お父さんが天からそれを見て、何だケチケチしやがって、なんて思うはずがないと思います。形だけお金を使われても嬉しいはずがありません。
その分のお金は、集まった親族団らんの食事代に少しプラスして、美味しく楽しい最後の別れの宴となりました。それは供養のひとつの形だと思います。
今、ライフスタイルの変化でお葬式も様変わりしてきています。
家族葬といっても、ただ費用を抑えることばかりを強調する業者さんではなく、真心で見送るお葬式を提案してくれる業者さんを選ぶことをおすすめします。